脂肪肝は不規則な生活習慣から発症する|栄養を考えた食事が大切

夫妻

現代病といわれている

肥満女性

肝臓の現代病とも言われている病気が脂肪肝です。この病気は、肝臓に必要以上の中性脂肪が溜まってしまうものです。放置してしまうと、肝硬変、肝がんなどを発症してしまいます。そのため、何か異常を感じたらすぐに病院で治療すべきです。

Read More

内臓に溜まる脂肪は危険

お腹

脂肪肝とは肝臓に脂肪が過剰に蓄積された結果、組織の一部が脂肪化した状態のことをいいます。肝臓の機能を低下させ、さまざまな健康被害をもたらすおそれがあります。これを予防するには生活習慣の改善と肝機能を強化する栄養成分の積極的な摂取が有効な手段となります。

Read More

肝臓は密かに肥満する

運動する女性

生活習慣の見直し

ガチョウやあひるに運動をさせず、どんどん食べさせ程よく太ると、美味しいフォアグラが出来上がります。私たちの肝臓も、糖分や油分などを過剰に摂取すると、使われなかったエネルギーや脂肪酸やブドウ糖が、中性脂肪となっていきます。脂肪肝とは、その中性脂肪が肝臓に溜まった状態のことを言います。肥満や、アルコール、糖質の摂り過ぎなど、生活習慣病も原因となりますが、ダイエットをくり返したことによる肝臓への負担でも、脂肪肝になるのです。脂肪肝になっても、殆ど自覚症状は現れません。肝臓は、沈黙の臓器と言われる部位で、痛みなどが表面化しづらいのです。最近では、痩せている若い女性や、飲酒しない人にも脂肪肝が増加しています。その要因はやはり、現代の生活習慣によるものなのです。

治療方と改善策

生活習慣が脂肪肝の原因ならば、その生活の改善でかなりの治療効果があります。運動や食事などで、中性脂肪を減らすことにより、肝機能の改善をはかります。しかし、極端に食事量を減らすと、肝臓に負担がかかり、中性脂肪を分解できないまま体重だけが落ちることもあります。ダイエット中だからと、肉類を避けて、野菜や果物ばかり摂ると、肝臓に必要なたんぱく質が不足してしまいます。適切な栄養バランスと、運動での筋肉増量で基礎代謝を上げましょう。定期的に肝臓の数値を検査することも必要です。抗脂肪肝ビタミンを摂取することも、中性脂肪を抑制します。塩分、カロリー、早食いなども改め、フォアグラ状態にならないためにも、メタボリックシンドロームや、肥満などの要因を排除するよう心がけてください。

肝臓の大変な病気

走る夫婦

脂肪肝は、肝臓に過剰に中性脂肪が溜まってしまう病気です。主に肥満やアルコールの摂取が原因といわれていましたが、無理なダイエットによっても引き起こされます。効果的な治療方法は、食事でたんぱく質を摂る事が大事です。

Read More